米国ETF 6月 #2

 トータル 1、477、983円。プラス84、918円。6.10%も増益。

スポンサーリンク

バンガードトータルワールドストック VT

小型、中型、大型の全世界の2000〜3000銘柄で構成されている

FTSE グローバル・オールキャップ・インデックス

全世界の98%をカバーしている

地域 北米52.9% 欧州24.5% 太平洋13.9% 新興国8.5% 中東0.2%

低コスト エクスペンスレシオ 0.18%

バンガードS&P500 VOO

S&P500指数に連動することを目標にしている

TOPIXの米国版で大型の500銘柄の時価総額加重平均指数となっている

IT企業を27.5%組みいれているが、ヘルスケア14.7%と合わせて42.2%がウイズコロナ銘柄となっている

バンガード米国高配当株 VYM

411銘柄に分散

10銘柄で構成比率の約24%

他の米国高配当株ETFより伸びている

分配金は3%前後

バンガードトータルストックマーケット VTI

米国株式市場全体をカバーする

S&P500を含む米国株をふくむ約3600銘柄への投資がおこなわれている

中小規模の銘柄も対象になっているのが、VOOと違います

分配金は約1.8%程度の配当利回り

IT企業が26.4%組み入れているが、その他、金融が上位にきている

結果

6.10%程度のプラスになっています。

今年の2月から初めて、現在の主力です。バンガード米国高配当株式ETF(VYM)を10株増やしました。

とんたろう
とんたろう

今日は、投資信託とETFの違いについて教えてください。

とんこ
とんこ

何回かに分けてお伝えしましょう。まず、ETFは証券会社しか取り扱っていませんが、投資信託は銀行なども扱っています。また、ETFは、株式取引と基本同じなのでリアルタイムにやりとりができます。投資信託は、購入しても翌日に反映されます。

とんじ
とんじ

ETFのが信託報酬という手数料が安いみたいです。

コメント