5月3日(月)広島VS巨人7回戦 9回裏の中川、ビエイラ、桜井、高梨のリレーで3対2で辛勝。原監督の凄すぎる采配。

ジャイアンツ
スポンサーリンク

5月3日(月)広島VS巨人7回戦(18:00広島)

ジャイアンツ 3対2 で勝利  対広島 3勝4敗

【勝利投手】鍵谷 1勝0敗 防御率3.12  

【セーブ】高梨  0勝0敗1S 防御率0.00

【本塁打】坂本5号 丸2号 ウイラー4号 鈴木誠也7号

試合経過

1回表 坂本が森下の甘い高めのストレートをソロホームランを打つ 1-0

3回裏 エラーのランナーを置いて、鈴木誠也が真ん中に入ってきた変化球をレフトにどでかい2ランホームランを打つ 1-2 ※これはだめ

6回表 がカーブをうまくためてソロホームランを打つ 2-2

7回表 好調ウイラーがソロホームランを打つ 3-2

8回裏 中川が広島打線を押さえる。鈴木誠也をライトフライに打ち取ったのがおおきい。

9回裏 中川が安部を打ち取る。ピッチャー ビエイラに交代。松山(クロンの代打)、小園の連続ヒット。一死1、2塁。桜井にピッチャー交代。石原にワイルドピッチ。一死2,3塁。一打逆転の場面となった。3塁走者は曽根になっている。石原三振。その後、菊池申告敬遠。二死満塁。高梨にピッチャー交代。代打田中のセカンドゴロでゲームセット。

森下は三振を12個とったが負け投手となった。

感想

原監督の凄すぎる采配。ジャイアンツの勝利は、原監督の執念である。

先発した畠も森下もよいピッチングをした。ただ後半の流れは広島に傾いていたが、ウイラーの一発で、3-2として何とか逃げ切った。

9回裏の試合経過の詳細は記したが、広島にとっては本当に遠いホームベースであった。

ここまで、広島が4連敗しているのも関係しているかもしれない。

ビエイラは何とか、デラロサが戻ってくるまで頑張ってほしい。

通算成績

17勝11敗4分 順位 2位 首位阪神まで3ゲーム差

コメント