7月10日(土)阪神VS巨人14回戦 岡本、坂本、ウイーラーのホームラン競演。メルセデス5勝目。安定感抜群。久々に大量点!!楽勝。

スポンサーリンク

7月10日(土)阪神VS巨人14回戦(甲子園 18:00)

ジャイアンツ 8ー1 勝利  対阪神 7勝7敗0分け

【勝利投手】メルセデス 5勝1敗0S 防御率 2.31 

【本塁打】 岡本 26号  ウイーラー 10号 坂本 11号  サンズ 16号  

得点経過

1回表 松原四球。坂本二塁打。丸四球。岡本三振。一死満塁でウイーラーライトへのタイムリーヒット。1-0 梶谷押し出し死球。2-0 北村セカンドゴロで 3-0 大城のときに梅野の2塁への送球ミスで 4-0 メルセデスセカンドゴロ。

※ウイラーのタイムリーが大きかった。阪神先発のルーキー伊藤の乱調に助けられた。

3回表 ウイーラーのホームラン。5-0 亀井、北村、大城凡退。

4回表 メルセデス三振。松原レフトフライ。坂本ソロホームラン。6-0 丸セカンドゴロ。

5回表 岡本ソロホームラン。7-0 ウイーラー、亀井、北村凡退。

※ほぼここで試合は終了です。

6回裏 マルテライトへのヒット。大山ダブルプレー。サンズホームラン。7-1 佐藤輝明ファーストゴロ。

※佐藤輝明元気ありません。途中交代です。

7回表 すでにピッチャーは斎藤。坂本レフトへのヒット。丸センターへのヒット。無死1,3塁。岡本センター犠牲フライ。8-1 中島四球。亀井、北村凡退。

8回裏 近本レフトフライ。原口三振。マルテ四球。大山センターヒット。二死1,3塁。ピッチャー鍵谷。サンズピッチャーゴロ。

9回裏 高梨ピッチャー交代。ロハスジュニアライトフライ。坂本2塁打。中のレフトフライ。北條ショートゴロ。ゲームセット。  

感想

先発メルセデスは8回途中までで1失点。被安打7。奪三振6。与四球2。投球数128。安定している。テンポがとてもよいです。最速148㎞くらいでてます。阪神打線の打ち損じが目立ちます。

※メルセデスはドミニカの五輪選手に選出されました。手強いです。

以降は、鍵谷、高梨で、0失点。

※高梨は、少しお疲れ気味できれが今一つです。また、コントロールも悪いです。ここぞというときは、デラロサ、ビエイラを使うようです。

打つほうは、初回に4得点。5回までに7点差つけたら、ゲームが決まってしまいました。岡本は単独トップの26号。坂本は昨日の失策をカバーするように3安打。

※梶谷は長期離脱になりそうですが、重信や若林や亀井でカバーすれば大丈夫でしょう。

オリンピックブレイクまで、あと3試合。優貴、サンチェス、山口で2勝はしたいですね。

通算成績

42勝30敗10分   順位 2位   阪神までゲーム差 2.5 

コメント