6月22日(火)巨人VSDeNA9回戦 北村故郷金沢へ錦を飾る。第1号HR。丸のHRもあるよ!!

スポンサーリンク

6月22日(火)巨人VSDeNA9回戦(金沢 18:00)

ジャイアンツ 6-1 勝利  対DeNA 6勝0敗3分け

【勝利投手】サンチェス 5勝4敗0S 防御率 4.23  

【本塁打】 北村1号 丸6号      

得点経過

2回表 宮崎センター前ヒット。ソト三振。柴田センターフライ。大和センターへのヒット。二死1、2塁。中川のレフト前タイムリーヒット。0-1

※ピッチャーに打たれるのは絶対ダメ。ストレートにあってそうなので変化球で三振とらなきゃ。大城。頼むよ。

3回裏 北村レフトへのヒット。サンチェス送りバント。松原三振。ウイーラー四球。暴投もあって、二死1,3塁。丸のレフトへの3ランホームラン。1-3 岡本三振。

※丸が調子よくなってきたら、岡本が大ブレーキ。3三振。毎試合1本ヒットを打つ。頑張れ!!

4回裏 坂本ライトフライ。梶谷レフト前ヒット。技あり。大城四球。一死1,2塁。北村の弾丸ライナーのレフトへの3ランホームラン。6-1 サンチェス三振。松原レフトフライ。

※松原も4タコ。梶谷が久々のスタメン。ここで、セーフティバントなどで出塁するくらいがアピールなのに。盗塁も決められないと生き残れないぞ。

7回8回 ピッチャー畠。よく粘りました。被安打2、奪三振2、与四球0。

※落ちるボールを効果的に使えるのがよいね。

9回裏 ピッチャー田中豊樹。キャッチャー炭谷。ソトショートゴロ。柴田ショートフライ。大和ライトフライ。ゲームセット。

キャッチャー炭谷が貢献してる?のかな?

感想

先発サンチェスは6回まで、被安打6。奪三振6。与死球1。投球数102。粘りのピッチングです。ピッチャーにタイムリーを打たれて、またかという感じがありましたが、オースティンやソトを落ちるボールでうまく対応していた。気持ちが切れなかったのがよかった。

7回8回は、畠。9回は田中豊樹(ぷっちょ)。よく0失点に抑えられました。

打つほうは、北村がホームランを含む2安打。まさに故郷へ錦を飾るということで、話によると1993年から金沢ではジャイアンツは勝利がなかったということで、よかったよかった。結果は楽勝でしたが。

原監督。田中豊樹はちょっとこわいです。5点差開いて、DeNAにあきらめムードが漂っていたので。まだ、よかったが。戸根も含めて投げてみないとわからないのは困ります。

通算成績

33勝25敗10分   順位 2位   阪神までゲーム差 6 

コメント