4月22日(木)巨人vs阪神6回戦 坂本のHR、高橋優貴の好投で8-3で勝利!!

ジャイアンツ

スポンサーリンク

4月22日(木) 巨人VS阪神 6回戦(東京D 17:45)

ジャイアンツが 8-3で勝利  対阪神 3勝3敗

【勝利投手】 高橋優貴 4勝0敗 防御率 1.29

【本塁打】 吉川 2号 坂本 3号 香月 3号  梶谷 3号  北条 1号

試合展開

1回裏 松原、梶谷でチャンスを広げて、一死1、3塁、ここで4番岡本がセンターにタイムリー二塁打。さらに、二死から、重信がレフト線にタイムリーヒット3-0

2回裏 吉川のソロホームランで1点追加。さらに、一死1塁から坂本のレフトへの特大ホームランにてさらに2点追加。6-0

3回表 二死1,2塁で、佐藤のレフト前へのタイムリーヒットで1点返す。6-1

6回表 二死1塁で、北条がレフトへのツーランホームランで返す。6-3

7回裏 香月のライトへの特大ホームラン7-3

8回裏 梶谷の右中間へのソロホームラン8-3

9回表 高木京介が近本、山本、マルテの攻撃をきっちり押さえる。

 

感想

ジャイアンツ先発の高橋は、ここ数試合の登板よりは、安定感に欠けていた。6回3失点、与四球4、奪三振3は申し分ない内容だが、変化球とくにチェンジアップ系のボールが浮く場面が何度かあった。

阪神先発の秋山は、1回と2回にヒット9本集められ、吉川、坂本のホームランなどで、大量点をとられた。真ん中にボールが集まってしまった。

6回裏のジャイアンツの攻撃は、二死2,3塁で岡本が甘いボールを三振して、阪神に流れがいきかけたが、7回裏に香月がホームランを打って、流れをジャイアンツに引き戻した。

通算成績

13勝7敗4分   順位 2位  阪神とは2ゲーム差

明日は広島戦 エース菅野で連勝だ!!

コメント