6月20日(日)阪神VS巨人12回戦 優貴7勝目、原監督の幻惑の采配。阪神に連勝!!

スポンサーリンク

6月20日(日)阪神VS巨人12回戦(甲子園 14:00)

ジャイアンツ 2-1 勝利  対阪神 6勝6敗0分け

※結果この3連戦はジャイアンツの2勝1敗。まだまだ追撃できる!? 

【勝利投手】高橋優貴 7勝2敗0S 防御率 2.62 

【セーブ】 ビエイラ 0勝0敗3S 防御率 3.25 

【本塁打】 松原5号 佐藤輝明18号      

得点経過

5回まで0-0で推移。投手戦となる。

6回表 北村レフトへのヒット。代走湯浅。代打香月三振。一死1塁から松原のライトスタンドへの2ランホームラン。2-0 ウイーラーヒット。丸四球。岡本、坂本ともに外野フライ。

※岡本 ちょっとブレーキ。阪神3連戦。ヒット1本。毎試合1本は欲しい。

6回裏 ピッチャー畠。マルテセカンドフライ。大山三振。佐藤輝明レフトへのホームラン。2-1 サンズ三振。

※畠のアウトローのストレートボールは決して悪くなかった。佐藤輝明のパワーとうまさが上回ったホームラン。お手上げです。

7回裏 ピッチャー高梨。糸原三振。梅野四球。代打原口レフトファールフライ。近本死球。代打北條。暴投にて二死2,3塁。一打逆転。ピッチャー鍵谷。北條三振。

※ピッチャー高梨がコーントロールが安定しない。ほぼ一週間ぶりのマウンド。あと大城と相性がよくない気がする。暴投(パスボール?)あり。

8回裏 ピッチャーそのまま鍵谷。マルテ三振。大山三振。佐藤四球。サンズライトフライ。

※マルテ、サンズ、糸原のブレーキがおきい。

9回裏 ピッチャービエイラ。キャッチャー炭谷。糸原レフトフライ。梅野四球。代打糸井。代走植田。糸井三振。近本三振。

※ビエイラ それらしくなってきた? デラロサいらない?

感想

先発高橋優貴は5回まで、被安打4。奪三振1。与四球2。投球数82。粘りのピッチングです。最初は、あまりチェンジアップを投げていませんでした。その替わりに、インコースを大胆に攻めていたようです。最速は147㎞。大城もうまく立ち回っていたようです。ただ、もう1イニング投げてもよかった。結果的には、代打香月は送りバントができなくて三振。それなら、代打にしなくても。結果論ですが。

6回は、畠。7回8回は、高梨、鍵谷、9回はビエイラ。よく1失点に抑えられました。

7回裏二死2,3塁で、北條のカウント2ボール2ストライクから高梨から鍵谷にスイッチ。あまりみない光景ですが原監督の幻惑の采配。見事でした。しかし、ピッチャーのメンタルは結構やられる感が否めません。

原監督は無理させるピッチャーとそうでないピッチャーに差がある。戸郷は結構無理しても投げさせる。優貴は結構早目の交代。

通算成績

32勝25敗10分   順位 2位   阪神までゲーム差 6 

コメント

  1. とんたろう とんたろう より:

    代打北條ですぐ鍵谷に交代すると、代打の代打で糸井が出てくる。そこで、カウントが2ストライクになるのを待って、高梨から鍵谷にチェンジしたのが真相みたい。