社会と情報 後期① 情報社会の課題を見つける

先生
先生

後期のスタートです。よろしくお願いします。

ゆきちゃん
ゆきちゃん

まず、タイピングやりましょう。DTにてPC→課題→社会と情報→ミカショートカット。ローマ字単語練習をやってみましょう。

ゆみちゃん
ゆみちゃん

今日は情報セキュリティ著作権について学びます。教科書はP42~P61となります。

3章 情報社会の課題を見つける

1節 情報化の影響と課題

スポンサーリンク

情報化の影響と課題

 1 表現活動の多様化

 コンピュータグラフィックス(CG)  バーチャルリアリティ(VR)

 2 市民からの情報発信

 2013年4月 改正公職選挙法 インターネット上で選挙活動を行うことが可能となる

情報社会の影

 1 迷惑メール

 スパムメール…勧誘目的に無差別  チェーンメール…多数の人に、同じ文面を連鎖的に

 対応  無視する  プロバイダに報告  迷惑メールと処理  ※返信メール送らない  

 

 2 コンピュータウイルス

 メール バックアップ  データ 破壊 改ざん

 3 ネットワーク詐欺

 フィッシング…不正入手  ワンクリック詐欺…多額の請求   架空請求…利用してない

 4 被害に遭わないために

 犯罪の手法 先生や保護者や専門機関に相談

 

情報セキュリティ

 1 パスワードの設定

 ユーザID パスワード 生体認証(指紋 顔 静脈)

 2 パスワードの作り方  

  ①大文字、小文字、記号などを混ぜて複雑にする  

  ②推測されやすものは使わない(生年月日や氏名など)

  ③別の場所で同じパスワードはできるだけ使わない 長期間使用しない 

  ④メモしない メモしたら、厳重管理

 3 組織として安全を守る

 情報セキュリティポリシー

情報モラル

 1 情報モラルとは

 情報社会で適正な活動を行なうための基になる考え方

 2 相手を考えたコミュニケーション

 相手との距離感

 3 加害者にならないために

 不特定多数の人の目に触れる

 4 炎上とネットいじめ

 誹謗中傷 プライバシー侵害

 5 見知らぬ人との出会い

 6 ネット依存   日常生活に支障をきたす  節度をもった利用

 

2節 法律と個人の責任

情報社会と著作権

 1 著作権とは

 著作権法   著作物を利用するには許諾が必要 ※一部例外あり

 著作物  思想または感情を創作的に表現したもの

 保護期間  権利は自動発生で届け出なし、著作者の死後70年間は保護される

 2 著作権の主旨

 知的財産権とは  → 産業財産権 著作権

 著作者人格権  著作を人格の表現として保護するための権利

 著作財産権  著作を財産として考える権利

 産業財産権とは4つある

  特許権 …   発明

  実用新案権 … 便利な工夫

  意匠権 …   デザイン

  商標権 …   マーク ブランド マスコット キャラクター

 3 著作権法に触れる行為の例  

 4 ライセンス

 5 引用  

 引用時の注意  ①必然性  ②区別  ③サブ   ④出典の明記

 6 著作権は大切なルール

個人情報の保護

 1 個人情報とは   個人が特定できる情報  氏名 住所 電話番号 メールアドレス

 2 自分の個人情報の書き込み SNS

 3 個人が特定される仕組み  ジオタグ

 4 入力した個人情報の漏洩  

 5 他人の個人情報の暴露  パブリシティ権 

 6 消えない個人情報

 7 気づかないうちに個人情報が流出  ウイルス

先生
先生

これで今日は終了です。出席票を提出して退出してください。

ゆみちゃん
ゆみちゃん

後期第1回目課題レポート提出締め切りは10月8日(金)です。よろしくお願いします。

コメント